教育研修制度Training

ホーム > 教育研修制度

教育研修制度

「警備は人なり」。
当社は常にお客様に安心と安全を提供するために、最優先事項として「教育訓練」に取り組んでおります。
会社のミッション及びポリシーを体得した警備スタッフを、いかに多く育成するかが企業成長のキーポイントである、というのが当社の考えです。
警備対象施設には、その施設の業務形態に精通する専門知識と業務関連資格を有する警備員を配置するよう努めております。
また、配置後も、法定研修及びご契約先の業務形態に沿った専門的な知識の習得等、人材の育成に努めております。

新任教育

新入社員には入社時、国が施行する警備業法を中心とする法定教育が、当社教育室にて4日間30時間にわたり実施されます。

その内8時間は、警備現場に出向く実地教育が行われます。

警備員として、現場に立つ上で必要な心得や、資質の向上などを分かりやすく教育しています。

現任教育

全警備員に対して6ヵ月に1回年2回、8時間の法定教育を実施しています。

さらに、法令関係(憲法・刑法・道路交通法・その他)や実務関係(誘導・合図など)についても、当社教育室にて繰り返し講義が行われます。

個別教育

全警備員を対象に、工事現場や施設・イベント会場・葬儀場など、さまざまな警備現場において想定されるあらゆる状況や不測の事態を踏まえた「個別研修」を随時実施しています。

現場教育

新任教育終了後も各現場へ当社の教育責任者が巡察し、隊員の方とコミュニケーションをとりながら指導やサポートを行っています。

また、現場に入ってからは日々の業務はもちろんのこと、資格取得に向け隊員同士切磋琢磨し、知識及び能力の向上を図っています。

各種研修会

当社の警備員であることの誇りと使命感を再認識するべく、新人からシニア・幹部クラスごとに、あるいは全社員を対象とする「各種研修会」も年間通して随時実施しています。

福利厚生

社員のスキルアップをサポートする制度も用意しています。
警備に関する資格取得を会社がバックアップしますので、積極的に取得してください。
各種保険完備
資格取得支援制度
慶弔見舞金制度